Lの世界ジェネレーションQ season1-7 あらすじ&おススメ

映画・ドラマ

この記事では、Lの世界ジェネレーションQ season1の1話のあらすじと、独断と偏見によるおススメポイントをお伝えしていきます。

2004年にレズビアン会を一世風靡した、Lの世界が配信されてから、早19年。

20代だったブログ管理人も、今や40代になりました。時がたつのは早いものです。

20年前の若さも、恋愛への情熱はなくても、本作は十分に楽しめますよ!

※注意
・あらすじは、ネタバレなしです。
・おススメポイント以下は、ネタバレが多少含まれます。ご了承の上、お読みください。

この記事をおすすめしたい人
・前作「Lの世界」に沼ってしまった人
・Lの世界 ジェネレーションQが気になっていたけど、サブスク契約を検討している人
・ジェネレーションQの大まかな内容を知りたい人

Lの世界 ジェネレーションQ season1 7話 あらすじ(ネタバレなし)

※以下は、下記のホームページで公開されている内容を独自に訳しています。つたない和訳ですので、気になる方は原文をご確認ください。

 ベッドは過去の思いに葛藤する。シェーンは、キアラとの関係を試され、アリスは家庭と仕事の両立で不意打ちをくらう。ダニが選挙で忙しい一方で、ソフィはフィンリーに安らぎを感じている。マイカは母親にジョゼを紹介する。

Bette is conflicted about old feelings, Shane is tested by her relationship with Quiara, and Alice gets blindsided at home and work. Meanwhile, with Dani busy with the election, Sophie feels relieved to have Finley around. Micah introduces José to his mother.

The L Word: Generation Q Season 1: Watch Episodes Online | SHOWTIME

独断と偏見おススメポイント(ネタバレ含みます、ご注意ください)

1.ベッド・・・ティナとイイ感じ❤だったのに・・・

 キアラのお腹の子の健診に一緒についていくことになっているシェーン。ベッドとティナは、シェーンの話をききながら、自分たちが妊娠していたころのことを思い出します。

 そして、手を握り合いますwwwwww

 わたしは、ティナとベッドはさっさと一緒になってほしい派なので、もう、にやにやしっぱなしです。 

 ところが、後半で、「キャリーと婚約したの」と、ティナ。

がーーーーーん。絶対ベットの方がえーーーやんか。

2.マイカ・・・母親の期待が重たい?

 マイカは母親に今の恋人を紹介しています。

  母親は、マイカの恋人に対し、「この子が小さいときは、かわいいかわいい女の子でね・・・」と1人で盛り上がっています。

複雑なマイカと、その恋人。

 なんだか、マイカの気持ちがわかるような気がします。親は、かわいいかわいい女の子として育てていただろうに、今は、かなり男性的なルックスで・・・。

 親の複雑な気持ちもわかるし、親の期待に応えられなかったマイカの複雑な気持ちもわかります。

 わたしは、結婚はあきらめているんですが、親はやはり、「女の幸せは結婚」という価値観があるようで。いつか、お互いが歩み寄れる日が来るといいのですがね・・・。

3.ソフィ・・・いやよ、いやよ、もスキのうち

 ソフィの祖母が病に倒れます。ソフィは病院に駆けつける。婚約者のダニは、仕事が忙しい中、一緒に行くよ、と申し出ますが、ソフィはそれを断ります。

 ・・・。なのにさ、やっぱり来てほしいよね、と駆けつけてくれたフィンリーにグチをこぼします。

 わたし、こういう、「察してちょうだい」が、苦手です。

 来てほしいなら、来てほしい、って言えばえーやん。

 来なくていいなら、来なくていいよ、って言えばえーやん。

言葉の裏の、ほんとうの思いをわかってよ、とかさ、そーゆーの、苦手です。

仕事上、察する力が問われますので、やりますよ。でも、プライベートはさ、もう、そういう察しあいみたいなの、断固反対派です。

まとめ

 祖母が倒れて戸惑うソフィと、それを近くで支えるフィンリー。つらいときにそばにいてくれる、っていうのは、ほんとうにありがたい存在ですよね。

 パートナーのタイプって、大きく2つに分かれる気がします。

 ①ツラい時にそばにいてくれる人
 ②楽しい時にそばにいてくれる人

どっちもそばにいてくれる人がベストであることは間違いありませんが、どっちか片方、っていったら、皆さんはどちらでしょうかね?

コメント