Lの世界ジェネレーションQ season1-6 あらすじ&おススメ

映画・ドラマ

この記事では、Lの世界ジェネレーションQ season1の1話のあらすじと、独断と偏見によるおススメポイントをお伝えしていきます。

2004年にレズビアン会を一世風靡した、Lの世界が配信されてから、早19年。

20代だったブログ管理人も、今や40代になりました。時がたつのは早いものです。

20年前の若さも、恋愛への情熱はなくても、本作は十分に楽しめますよ!

※注意
・あらすじは、ネタバレなしです。
・おススメポイント以下は、ネタバレが多少含まれます。ご了承の上、お読みください。

この記事をおすすめしたい人
・前作「Lの世界」に沼ってしまった人
・Lの世界 ジェネレーションQが気になっていたけど、サブスク契約を検討している人
・ジェネレーションQの大まかな内容を知りたい人

Lの世界 ジェネレーションQ season1 6話 あらすじ(ネタバレなし)

※以下は、下記のホームページで公開されている内容を独自に訳しています。つたない和訳ですので、気になる方は原文をご確認ください。

 ベッドとダニはスキャンダルの影響を考えている。シェーンはアンジーと一日を過ごす。アリス、ジジ、ナットは家庭生活について意見が衝突している。ソフィとフィンリーは気分転換に夜の街へ出かける。

Bette and Dani reckon with the fallout of a recent scandal; Shane spends the day with Angie; Alice, Gigi, and Nat have conflicting ideas about their family life; Sophie and Finley spend a raucous night out in an effort to get their mind off of things.

The L Word: Generation Q Season 1: Watch Episodes Online | SHOWTIME

独断と偏見おススメポイント(ネタバレ含みます、ご注意ください)

1.ティナ・・・あなたをずっと待っていました!

 前作の全シリーズに出ている、メインキャラクターのティナ。Lの世界の中で、わたしの最強の推しキャラクターティナ。今回、復活。

 玄関開けたら、ティナがいた。わたしは、ドラマと何の関係もない中年ビアンなのに、ちょっと涙目になっちゃいました。

 もうだめだー、って絶望しかけたときに、救ってあげられる、今回でいうティナのような存在の人間にわたしはなりたい(宮沢賢治風)。

2.ダニ・・・のベッドへのリスペクトは、ただの憧れか?

 ベッドがスキャンダルに巻き込まれ、ベッドの周りのサポーターが離れていきます。

 でも、ダニは、忠誠的に尽くしていきます。そして、側近の一人であった男性スタッフが去り際に、ダニに対し、こんなセリフを言います。

「She`s gotten to you.」

 ベッドは、君(ダニ)を操ってるんだね、洗脳されちゃったんだね的な感じでしょうか。

 人の気持ちを動かして、行動させるのって、結局のところ、尊敬だったり、憧れだったり、そういう、洗脳されている面は大きいように思います。そういう人にわたしもなりたい(宮沢賢治風)。

3.ティナ・・・の気持ちが、推測しきれない

 ティナが、2人の娘アンジーの騒動について、ティナ・ベットで話し合うシーン。

もうね、ハラハラしっぱなし。

 昔の二人の関係になったり、ベッドの葬儀になんで来てくれなかったのか、とか、わたし二人の友達でもなんでもないんだけど、胸がチクチクしました。

 恋人とのけんかで、昔の話を持ち出して余計に揉める、ってあるあるだよなー、って感じました。

 今の話をしているようで、それは昔とつながっていて・・・。

 ああ、人間関係は、複雑。恋愛感情があると、さらにこんがらがりますよね。

まとめ

 上記、3選には入らなかったのですが、テスとフィンリーの闇のようなものがでてきます。

 それと反比例して、シェーンが大人びたいい奴感が漂う今回のお話。

アルコール使用障害(アルコール依存+有害な使用)の数は、 2 億 8300 万人に上り、これは 15 歳以上の成人の 5.1% に当たる。

アルコール健康障害に 関するWHOの動き (mhlw.go.jp)

 え・・・。100人中5人?私の想像より、はるかに多いです。私の職場は、100人くらいいるので、5人くらいいる計算。身近な問題だったんだな、と改めて実感。

 こころもからだも、健康にいたいですねぇ。

コメント